講師プロフィール


洋裁講師 小松 りえ

ドレスメーカー学院にて洋裁の基礎を学ぶ。
師範科卒業後、デザイン画とパターンメイキングを田辺響子カッティングプレタポルテで学ぶ。
その後、既製品メーカーでレディースの企画制作、 株式会社サンセキにて洋服リフォームに携わり、数年後、独立して取引先のブティックを中心に企画新作、洋服のリメイク、アレンジを25年間生業としています。

犬服はバンダイさん、日本テレビさん、東映さんとプロデューサーを介して、仮面ライダーシリーズの犬服とアンパンマンの犬服の企画を担当させて頂きました。そこで、数百枚ほど複数の犬種の制作を経験したことで、自然の成り行きで教室を開けたという経緯です。縫製はレザー、毛皮、一般洋服生地を経験し、取引先のブティックのオーナーがヨーロッパに良く仕入れに行っていたので、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカなど。いろいろな国の仕立てを経験することができました。
53歳の時、今まで学んだこと、経験したことを講師として少しでも多くの方にお役に立ちたいと考えて、現在までカルチャー教室を中心に継続中です。
今、講師をしていて凄く感動しています。それは生徒の皆さんが少しずつ型紙の意味や作り方、縫い方の意味を覚えて、上手になっていく。楽しそうに、そして真剣に夢中で授業を受けてくださっている。学ぶ気持ちに子供も大人もなく、洋服作りを好きになってくださることがうれしくてたまりませんね。